ご挨拶

三協則武鋼業株式会社 代表取締役: 北 眞一郎
代表取締役 北 眞一郎

お客様を第一に「存在感有る会社」を目指して

2016年5月に、1970年より事業活動を行ってきた松原の地から3倍強の敷地となる堺市西区築港新町へ移転をいたしました。
関西最大級の「多軸駆動型ジャンボレベラー」に「高性能のライトレベラー」の2機を兼ね備えた巨大なコイルセンターで、尚且つシャーリングマシーンを11台保有する「オリジナルな価値をご提供できるコイルセンター」となりました。
これまでの「短納期・小ロット対応」に加え、より広範囲な板厚、板巾に対応する「レベラーとシャーリングが同一工場内一体型の熱延系のコイルセンター」です。
関西唯一の加工センターとして、お客様の生産性向上にお応えすることで最初に指名される、利便性の高い存在感ある会社になりたいと思います。
「明るく!元気に!前向きに!」を行動指針に積極経営を行い、全てのお客様へお役立ちし、且つ社会に貢献できる企業で有りたいと考えております。

資本の充実により「安定性」と「成長性」を備えました。

平成21年5月に一部上場企業である「小野建株式会社」の関連会社となり、確固たる「健全なる体質」「強靭なる体力」が万全となりました。 それを基盤に、新規顧客の開拓も含め積極営業で、よりお客様に「役立つ会社」を目指して参りたいと考えております。

.